翻訳のトレンド(機械翻訳、翻訳メモリなど)【テスト】

MA(マーケティングオートメーション)を利用中の企業の方で、シナリオの設計について次のような課題を抱えていませんか。

MAのシナリオ機能は、使い方次第で工数を削減し、売上の創出にもつながります。しかし、「期待より成果が出なかった」「複雑な設定を試みたものの、社内やチーム内で理解している人が少なく、結局放置されている」などの失敗事例も散見されます。

翻訳のトレンドとは?

見出し2のデザインイメージです。

Google翻訳

こちらは見出し3のデザインです。

チェックリスト利用を推奨する理由は、検討事項の抜け漏れ防止と情報の可視化です。MAツールの導入を進めている際、例えば「ホットリードの定義って決まっている?」「先々週に話しましたよ」といった議論が起こりえます。MAツールの導入を兼務で行っていると尚更忘れやすいです。

リストのイメージ

  • MAを活用する際、最低限設定すべきシナリオがわからない
  • MAの設定は工数がかかるから失敗したくない。最初から成果が出るシナリオを知りたい
  • シナリオの効果に高い期待を抱いて導入したものの、まったく使いこなせない

こうした事態を避けるべく、チェックリストを活用して、検討事項をひとつずつ潰し、誰がいつ見ても振り返りができるようにしましょう。

ちなみに、本フェーズで作成したチェックリストはMAツールベンダーと打ち合わせする際にも有効活用できます。内容を埋めたチェックリストを共有することで、自社とベンダー間で前提条件のすり合わせがスピーディーに、かつ正確にできます。自社にとっても、ベンダーにとっても双方にプラスです。

【まとめ】MAツールの実装に失敗しないために

MAツールの導入・実装は難易度が高いと言われていますが、本プロジェクトでは、HubSpot Marketing Hubの導入・実装に成功しました。成功要因はいくつかありますが2つ紹介します。

この記事の執筆者

アバター

こちらに肩書 / 役職

簡単な自己紹介をこちらに入力します。プロフィール画像も設定します。

おすすめの関連の記事

記事はありません。